ユニクロってやっぱりダサい風潮?服を買う時に気を付けたい2つの事

「ユニクロってやっぱりダサい?」
「ダサいって風潮は昔のこと?」

ユニクロはダサいって話を耳にする事がありますが、そんな風潮は昔のことです。本当におしゃれな人は、ユニクロも上手く活用して、ファッションを楽しんでいるからです。

ただ、ユニクロの服を買う時に気を付けたい事が2つだけあります。

関連記事:全身ユニクロはあり?メリットとデメリット

ユニクロの服を買うときに気をつけたい事

ユニクロの服を買うときに、気をつけたいのは、サイズ感とデザインです。

まずはサイズから説明します。

ユニクロのサイズ感は大きめ

ユニクロの服はサイズ感がイマイチな服が多いです。

これには理由があってユニクロの服は、幅広い年齢層向けに作られているので、着丈、身幅が大きいです。特に着丈と身幅はコーディネートする際に非常に重要な要素で、大きすぎるとかっこいい服でもダサく見えてしまいます。

ユニクロで買う際は普段よりワンサイズ下の服を買うかサイズ感の合わない服は買わない方がいいです。

デザインが他人と被る

ユニクロのチェックシャツやTシャツやアウターは、他人と被る事が多く、ひと目でユニクロと分かるデザインの服も多数あります。

僕も外出着に、ユニクロのチェックシャツとプリントTシャツ、ロゴTシャツ、アウターは買わないです。

逆に、僕がユニクロでよく買うのは、ボトムスは、ウルトラストレッチ系のパンツ。

ユニクロのパンツ

トップスは、無地のロンT、Tシャツ、スウェットパーカーですね。

ユニクロのトップス

あとはルームウェア用にフリースジャケットと寝るときに着る上下のスウェットです。

ユニクロのフリース

それ以外は、ボクサーパンツ(エアリズム)やヒートテックタイツです。

ユニクロのメンズ服は、レディースと違って種類も少ないので、他の人と被ります。

ユニクロで買い物するなら、他の人と被っても分かりにくい、無地のTシャツやロンT、ボトムスを中心に買い揃えるのが無難です。

トップスやアウターは、他のブランドや通販で買うと他人とかぶりにくいですよ。

特集 全身コーデをおしゃれに!メンズファッション通販5選