ビジネスバッグを持つ社会人のイメージ

ビジネスマンにとって、ビジネスバッグは休日用のバッグと比べて付き合う時間が圧倒的に長いバッグです。

 

ですので、休日用のバッグを選ぶ時以上に、購入するときには、自分の用途やニーズに合っているかよく考える必要があります。

ビジネスバック選びポイント

そんな時の参考になるように、ビジネスバッグを選ぶ時のポイントを整理しました。

耐久性の優れた丈夫なものを選ぶ

まず1つ目は丈夫であること。

ビジネスバックは毎日使用しますので、すぐに壊れてしまってはいけません。

 

また新しいものを買わなくてはいけなくなるので、値段は多少高くとも丈夫なものを選ぶことをおすすめします。

豊富な収納がある

victs

2つ目は「収納が豊富で、ポケットが沢山ある」ということです。

どうしてもビジネスで使う時には、細かい持ち物が多くなります。

 

筆記具、文房具、スマホ・携帯電話、電源コード、パソコンなどの付属品、そもそも会社用の書類、名刺ケース、定期入れ、折りたたみ傘、などなど。

 

これらをごちゃごちゃにならないように、必要なものがすぐ出せるように整理して入れられるように、バッグは収納スペースが多くて、かつそれらが1つ1つのポケットになっている必要があります。

パソコン収納が可能な緩衝剤付きのものを選ぶ

また、多くのビジネスマンにとっての必須は、「パソコンの収納ができる」ということです。

 

これも、わざわざ収納ケースにパソコンを入れて、それをバッグに入れるのではなく、パソコンをそのままバッグに入れられるような緩衝剤がついているものが適しています。

できるだけ軽量ば鞄を選ぶ

4つ目は軽いことです。毎日常に持ち歩きますのでいくら丈夫で機能的にも優れていても重たいカバンでは疲れてしまいます。

 

一度丈夫だけど重たいカバンを使っていたことがあるのですが、疲れて嫌になってしまいすぐに買い替えてしまったことがあります。

 

1日に何時間も持つものなので、できるだけストレスのない軽いカバンを選ぶことをおすすめします。

あまりにも貧相な鞄は避ける

5つ目はブランドです。

特にブランドものが好きなわけではありませんが、あまり貧相なカバンを持っているのも、お客様に対してあまり良い印象を持たれません。

 

高級なブランドである必要はありませんが、そこそこ知られていて「良い物を持っているね」と思ってもらえるビジネスバッグを選ぶといいでしょう。

おすすめのビジネスバックのブランドは?

TUMIのビジネスバッグは有名ですが、結構持っている人も多く被りやすいのがデメリットです。

TUMIのビジネスバッグ

 

知名度があり機能的にも優れたビクトリノックスのビジネスバックが個人的にはおすすめです。

会員登録で5%OFF!ビクトリノックスのビジネスバッグ

 

ナイロン素材を使用しており丈夫で軽量、パソコンを入れる緩衝剤付きのポケットと筆記用具、携帯電話、電子機器を入れる個別のポケットも付いています。

 

vicbel

イチオシは、「ビクトリノックスのベルサイユ 」というモデルです。

【軽量で収納力抜群!】ビクトリノックス ベルサイユ

 

ビクトリノックスのベルサイユはA4サイズのスリムタイプのビジネスバッグで、スタイリッシュで作りもしっかりしており自分用以外にもプレゼント用にもおすすめできる鞄です。