メンズの髪型オーダーで失敗しない為の3つのポイント

床屋さん、美容室で散髪してもらう時にこまるのが、オーダーの仕方ですよね。

いつも行くお店でもヘアスタイルを変えてイメチェンしたい時なんかは自分の理想を伝えるのは難しくないですか?

 

僕も髪型は飽きてくると変えちゃうし、格安美容室なのでカットする美容師さんも毎回違う人なのでよく失敗していました。

でも3つの事に気をつ ける様にしてからは、理想に近い髪型になるようになったのでその方法を紹介したいと思います。

伝わりにくいオーダーは絶対にしない

これ絶対にやっちゃいけないやつです。

「前髪は眉にかかるくらいで、襟足は長め、横は短めで上は長めに残してください。」

一見具体的なオーダーに思えますが、自分の理想としている髪型が伝わっていない可能性があるので、「なんじゃこりゃ!」ってなりかねません。

 

部位別の細かい注文はなりたい髪型の写真を見せてから美容師さんと相談してカットするといいです。

理想のヘアスタイルの写真を見せる

なりたい髪型の写真を美容師さんに見せることが一番重要で簡単な方法です。

 

でも慣れないと恥ずかしいんですよね。

キムタクの髪型にしたいと思っても写真もっていってこれにしてくださいって言いづらくないですか?

 

そんな人におすすめなのが、定番ですがホットペッパービューティー。

ヘアスタイルが検索できるので、「キムタク」「岩田剛典」「TAKAHIRO」とか検索すれば似せた髪型はでてくるのでその写真をスマホに保存して美容師さんに見せればOK!

それ以外にもベリーショート、ショート、ミディアム、ロング、ツーブロック、アシメントリーなどでも検索できるので便利です。

メンズヘアスタイルカタログ【ホットペッパービューティー】

 

自分の髪質や長さで再現できるのかは必ずカット前に相談してくださいね。

理想を共有するのが一番手っ取り早いし、美容師さんにとっても分かりやすいです

少し長めにカットする

散髪で「思っていたよりも短くしすぎた(汗)」ってことありません?

特に前髪を切り過ぎるとすごく変に見えることもありますよね。

 

前髪を切り過ぎないコツは少し長めにカットしてもらうことです。

切り終わったあとに「長さはこれくらいでどうですか?」と聞かれた時に「前髪もうちょっと短めで。」とか「トップもうちょっとすいて下さい。」とかオーダーすればいいです。

理想のヘアスタイルになりたかったら積極的に会話する

以上3つを実践するえば、より理想とする髪型に近づきます。

 

とにかく美容院さんと話をしてなりたい髪型や日々のヘアセットでの悩みなどを伝えること。

毎回同じ人に切ってもらう場合は、前回はここが短すぎたとか言えばいいです。

 

またどうしても通じ合えない相性の悪い美容師さんもいます。

その場合は他の人にカットしてもらうか、お店を変えるなどしてみるといいです。

 

せっかくお金払っているのになりたい髪型になれないのでは残念すぎますからね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ